【子供と台湾】台北の土日の中心部は混雑必須!子連れでも安心して過ごせるプランは?

台湾の首都である台北は、観光地、グルメ、最新スポットが多く見所満載のエリアです。しかしながら、出来るだけ混雑を避けてゆっくり楽しみたい!と願ってやまない我が家。渋滞・混雑・満員が苦手な我が家ですが、時間にゆとりがある場合は、土日の旅行の使い方を工夫しています。今回3度目は、ノーストレスで台湾を楽しめたので、ちょっとしたコツをお伝えします!

インフィード

旅行中の「土日」はどこも混雑?

海外旅行で個人旅行の場合、プランを組み立てることが一番楽しくもあり、悩ましくもあります。

我が家の場合、

・子供が行きたい、やりたいこと

・夫婦が行きたい、やりたいこと

・行きたいお店

をまずリストアップしてから、ホテル選びをしていきます。が、ここで、必ず土日を含む日程がでてきます。土日って、やはり世界でも一般的には休日であり、現地の人や観光客でごった返します。(もちろん日本でも同じことですが)2度目の台湾の時にも、土日の街中と台北101周辺の人混みに、完全に打ちのめされた私達夫婦・・・。基本的には、平日も混雑しているのが観光地ですが、土日はレベル違いです。

出入りが激しい!土日の台北!

台北には台北車駅という中央駅があり、その駅から台北のMRT、台鉄、高鐵すべての乗り入れが可能です。なので、平日と土日では、人のボリュームが違います!!土日は、駅中にある巨大な広場が人でいっぱい!!平日は走り回れるほどガラガラなのですが・・・。そして、台北車駅の2階にあるレストラン街も、並んで食べるが当たり前で、とにかくすごく混んでいました。

単純に、日本の首都圏に住んでいると、「並ぶのは当たり前」だと感じたいけれど、我が家はみんなせっかちな気質とゆったりしたいのんびり気質の人たちなので、出来るだけ並ばない主義です。また、台北には、台北車駅を中心に、各地に観光スポットがあり、新旧の雰囲気を感じられるスポットが沢山あるので土日はどこも賑わっています。

この写真の手前のエリアは土日は人でいっぱい!

旅行中の「土日」の混雑も気にならない方法とは?

と言っても、海外旅行は日程も限られているもの。我が家は、まず2点、

・あらかじめ予約できるツアーなら参加する

・混んでいても人の流れのある寺院や神社などを選ぶ

というチョイスをします。まず、予め予約できるツアーなら、混雑があったとしてもスケジュール通りコトが進むので、気分的には楽です。ただ、台北の場合はこれに当てはまるものがあまりないかもしれません。

また、寺院や神社などは、滞在時間が短く、人が流れる傾向があるので、土日に訪れたとしても、ゆっくり見ることができます。台北の場合は、現地の方がお祈りに来られていて、現地の方々のお祈りの方法や日常的な作法を垣間見ることができるので、とてもいい経験になります。

方法①「移動」と「買い物」に絞る、我が家の土日の旅程!

今回土日を挟んだ台湾旅行でしたが、土日の台北・台北近郊への観光は混雑を避けるため、以下のプランを組みました。

・高雄から台北への移動日に当てる

・買い物、美容院、寺院を組み合わせて混雑を避ける

この2点です。

まず、移動ですが、土曜日のお昼前に、墾丁(ケンティン)のホテルを出発し、午後を過ぎたごろの台北行の新幹線に乗りました。ちょうど、午後過ぎたころ、しかも高雄からの新幹線なので比較的空いていて快適な移動でした^^また、夕方になるまでに台北に着き、ホテルにチェックアウトした後、早めの晩御飯を食べて休憩・・・(この日はまさかの花火大会の日だったらしく、子供とパパは部屋で花火を鑑賞!)まず、マッサージ1回目へ向かいました。マッサージ店って、たとえ多少混んでいても、がっつり勧誘してくれ、待ち時間もそんなにないので土曜日でも問題ないと思います(もちろん人気店の場合は予め予約!)

また日曜日は、買い物に集中させ、合間に寺院やパパの美容院タイムに当てました。買い物エリアというのはいつだってそれなりに人がいるわけで、でも、行きたいお店や場所を予め把握しておくことでストレスなしに移動可能です。

もう一つのポイントは「予約」出来るものは予約すること。

いまや、携帯アプリなどの活用も便利で、台北で有名なレストランや美容院などはネットやメールで予約できます。基本的には日本語や英語で予約できるので、ハードルは低いですし、時間が読めるので楽です^^

方法②「土日」は有名スポットには行かない?

我が家はまず、土曜に有名な小籠包のお店に早め入店で混雑を避けました。

そして、土曜日の夜はホテルでゆっくり&マッサージへ行きました。

日曜は、

・中山駅で、買い物・美容院・ランチ

・行天宮を観光

・カルフールへタクシー移動

・タクシーでホテルへ戻る

・台北車駅で晩御飯の調達(駅で食べようとしましたが人の多さに断念しました^^:)

買い物を一度にまとめることで、荷物もまとまるし、トランク整理なども楽です^^そもそも我が家はあまりお土産を配ったりはしないし限定的な数で大丈夫なので、自分達が欲しいものを中心に見る点ではとても楽しめます。お土産配りで役に立つお店はカルフールですが、もし少しオシャレなものや高めのものが欲しい場合は中山の三越や誠品書店をお勧めします。

ランチの待ち時間を利用してデパ地下物色!

台北で食べつくす小籠包

中山駅に来ると、必ず行くのが、三越にある小籠包で有名なデイタイフォンですが、日曜のランチ時間で待ち時間約90分ほどです。この待ち時間もほぼ正確で、我が家も75分後ぐらいに入店できました。デイタイフォンはちょうど三越のデパ地下フロアにあり、待合スペースもあります。人数と名前を伝えておけば、その場にいなくても、大丈夫(呼び出しの時間に戻れば)なので、予約してデパートを物色したり、同フロアのお菓子売り場で台湾のおしゃれお菓子も購入できます。夏でも暑さ知らずで待てますし、隣にはすぐ誠品書店があり、こちらも見るにはとても面白いので時間は十分つぶせます。

方法③夫婦で時間を分け合う日に当てる!

我が家の台北での大人の楽しみはマッサージと美容院。子供をどちらかが見ている間にリラクゼーションを楽しむようにしています。ホテル周辺にはマッサージ店も沢山あったので、マッサージは夜、中山駅には美容室が沢山あり、パパが美容院へ行く時間を作りました。美容院もあまり下調べせず、行き当たりばったりですが、中山駅周辺は美容室の数も多く、予約なしで受付してくれ、お値段もお手頃なので、お試しで台湾カットを楽しめます!しかも、丁寧なマッサージもついているようで、パパの満足度・さっぱり感も高いようです。

方法④移動や場所に便利なところへ宿泊しよう!

やはり、台北では移動や場所に便利なところへの宿泊がベストです。

今回、我が家は、台北では中山への買い物・行天宮・カルフールを考えていたのと、十分への日帰りを検討していました。これまでも、中山國小駅や台北車駅の油化街よりのホテルに滞在したことがあったのですが、台北車駅ならやはり三越側が便利だという結論に至り、そちらのホテルを利用しました。東門駅周辺や中山駅周辺も検討しましたが、やはり夏の移動を考慮したので検討から外しました。子供が一緒だと、荷物も沢山あったうえのおんぶや抱っこもありますし、あまり小さい駅だと、階段しかない場合もあります。また桃園空港を利用する場合は台北車駅が一番乗り入れが楽です。もちろん、松山機場を利用する場合は、その周辺の駅に滞在するというのも手ではあります。

自分達の行きたい場所や台鉄や新幹線を利用するかしないかで滞在エリアを検討すると、旅行中の移動ストレスもなく、とても気楽になります。ちょっと夜市へ、ちょっと買い出しへ、と何かと便利な場所はやはり台北車駅になりますが、最近はリノベホテルや松山機場エリアもどんどん新しくなっているので、行きたい場所のピックアップから滞在先を決めると、土日の混んでいる時でもストレスなく旅を楽しめるのでおすすめします^^

平日は観光地へ!月曜日はお休みの場合もあるから気を付けて!

我が家はこの日程で、翌朝月曜に十分への小旅行を楽しみました^^平日だからと言っても、がらがら・・・とはいきませんが、土日よりは空いています。

本当は、猫空にも行きたかったのもありますが、夏場は暑いこと、月曜はお休みであることから、今回の旅程からは外しました。

月曜は意外とお休みになってしまうスポットもあるので、下調べは忘れないようにしましょう!

Posted by たびくら子