【台湾旅行】台北から最南端エリア「ケンティン」へ!我が家は新幹線+バスで移動してみた!

我が家は桃園空港の発着便を利用したので、墾丁(ケンティン)へ行くには新幹線とバスでの移動が必要でした。台北から 墾丁(ケンティン) ・・・少し時間がかかるのかな?でも、台北を拠点にしたい!そんな我が家がどのように移動したかを紹介します!

インフィード

台湾の最南端「 墾丁(ケンティン) 」へ!

この旅で3度目の台湾になる我が家。ここ最近の子供達は、とにかく海やプールが大好き!ということと、兼ねてから台湾のビーチへ行ってみたい!という夫婦の希望もあり、今回は台湾新幹線に乗って列車移動をしながら 墾丁(ケンティン) へ行くことになりました。日程的に、台北でも旅がしたかったのと、飛行機の時間が希望通りあったので、台北から 墾丁(ケンティン) へ、3泊4日の行程を組みました。我が家の旅のプランはこんな感じです。

・1日目~台北到着:台北宿泊

・2日目~5日目 墾丁(ケンティン) : 墾丁(ケンティン) 宿泊

・5日目~8日目 台北:台北宿泊

墾丁(ケンティン)への移動時間が旅行の中では長時間の移動時間となりました。快適な新幹線とバスでの移動となったので「時間の確認と座席指定をきちんとしておく」ことで、 時間を無駄にすることなく大変な長旅にはなりませんでした。

まずは「台北から高雄」へ 移動しよう!

まず、台北から高雄への移動は、新幹線です。台北車駅から高雄までは、1時間30分~2時間です。1時間30分で着く便は、およそ1時間に1本、台北駅から出ています。座席を予約する前に、台湾高鐵の時刻表で、新幹線の時間と乗りたい便を検索し、台北車駅の窓口で座席指定できるかを確認しました。

我が家が公共交通機関で移動するときのポイントは一つ!

「土日の混雑をなるべく避ける」

ことです^^土日は台北車駅も沢山の人でいっぱい!一方、平日は新幹線も空席があるほどで、駅の混雑具合も土日に比べると少ないです。我が家は、高雄へ向かう日を水曜日、台北へ戻る日を土曜日に設定し、往路ともに希望の便と座席を指定できたので、移動時間は1時間30分で済みました^^もちろん、早い新幹線は、停まる駅も限られているので、途中下車したい人には通常の便でないといけない場合もあります。高雄までダイレクトで!という場合は、平日乗車時間が短い新幹線を選ぶのをお勧めします^^

我が家が乗った新幹線は、1時間30分で高雄に着きました。乗車中もほぼ揺れはなく、乗り心地も快適です。実は新幹線で酔いやすい私ですが、台湾の新幹線は快適さを感じます(なぜだか)。車内販売もあり、飲食もできるので子連れには助かります。我が家も帰省の際はいつも飛行機利用なので、台湾での新幹線を楽しんでいました。途中で、台中に停まるのですが、沢山の人が降車し、台中から高雄まではがらがらでした。5歳の息子くんは、座席を取っていなかったのですが、ひじ掛けも上がるので、膝に抱っこする必要はありませんでした。

「高雄からケンティン」はバスがおすすめ!

高雄の高鐵駅は、コンパクトでとても綺麗です。三越が直結していて駅の案内もとても分かりやすいです。改札に上がると、三越側にバスの停留所があり、墾丁(ケンティン) のバスは、その停留所から出発しています。また、三越との連絡通路あたりに、「墾丁(ケンティン)」行きのバスの販売所があるので、バスで行く場合は、チケットを購入することができます。

ここで、我が家の移動ポイント!

ホテルのシャトルバスを利用する!

我が家の場合、子供連れだし、荷物も多く移動は大変・・・。もし、通常の移動ならバスを事前予約する手段も考えていたのですが、今回はホテルの無料シャトルバスを利用しました!

宿泊はシーザーパークホテルです。リゾートホテルなので、宿泊代金も台北で宿泊するよりは高いですが、無料シャトルバスが高雄から出ているし、4人分の座席を必ず確保したいのと、移動費を抑えたいのもあり、ホテル予約時にバスも予約しました。ホテルのシャトルバスは、1日往復1便だけなので、時間に制約があります。もし、時間的に合わない場合は、高雄⇔墾丁(ケンティン)のバスまたは、タクシーを利用しましょう。

バスについて言うと、通常の高雄⇔墾丁(ケンティン)のバス もリムジンバスで乗り心地はいいです。エアコンもしっかり効きますし、荷物も預けるトランクがあるので、もし、高雄まで途中の寄り道を予定していなかれば、タクシーよりバスのほうが気軽かな?と思いました。

待ち時間でランチをしよう!

我が家の場合、高雄に到着したのはちょうど12時でした。バスの時間は14時15分だったので、ランチをすることに。もちろん荷物も子供もいるので、ここでは迷わず駅直結の三越のフードコートへ!

この三越のフードコートは3階と4階の2フロアーあり、とても広いのが特徴です。台湾料理から日本のラーメン、うどん、とんかつ屋さんもあります。マクドナルドもありますので、子供の好みに合わせたり、好きなものをそれぞれ食べたりも出来るので、食事には困りません。美味しい台湾ティーも楽しめます!エリアはとても綺麗で広いです。バスで二時間の移動が待っているので、しっかり食事をして、おやつを買ってバス乗り場へ移動!といった感じでも、バス乗り場も三越のそばなので、時間に余裕はありました^^

荷物は持って移動する?子連れだと動きにくい?

我が家の荷物は、キャリーケース2つと小さいサイズのキャリーが1つです。これを三越食品採集3階のインフォメーションに行くと、なんと!キャリーケースなどの荷物を預かってくれます。(2019年夏現在)これは、短時間の利用でもかなり助かる!!無料でまとめて預かってくれ、預ける時に番号札をもらいました。もちろん、預ける人が多い時は利用できない場合もあるとは思いますが・・・。我が家も、食事の前にキャリーケースを預け、バス乗り場へ移動する際にまた受け取りました。エスカレーターでの移動やトイレ、子連れでの食事でキャリーケースを持たずに移動できるのは、本当に助かりました^^

高雄から墾丁(ケンティン)へ!バスの移動はどんな感じ?

いざ墾丁(ケンティン)へ!ホテルのバスは、「シーザーパークホテル」と書いてある、立派なリムジンバス!14時過ぎた時点で、バス乗り場にはバスが停まっていたので、すぐ分かりました。墾丁行のバスのチケットブースのそばのエスカレーターを降りてすぐそばにありました。宿泊を予約して、バスを利用することが分かっている時点で、ホテルにバス予約をしていましたが、2か月前であったためか、まさかの予約リストに名前がない!でも、メールを見せたら、大丈夫でした^^;その日は、平日で空いていたのもあったので、乗せてもらえたのですが、やはり利用日直近に再度、予約確認をしておけば・・・と痛感しました。なぜか、帰りのバスの予約は出来ていたので、確認が必要ですね~。

墾丁までのバスの道のりは、高速(バイパス)+海沿いの道です。山道を走ることはありませんでした。なので、子供達もバス酔いをすることなく、お腹いっぱいの後の快適なバス移動で、しっかり昼寝もできました^^途中渋滞などもなく、ぴったり2時間で到着しました。道も綺麗に整備されていて、バス移動は本当に快適。高速を降りてからは、ヤシの木が沢山あるエリア、巨大なスイカを売っている露店、何やら怖そうなお化け屋敷や、びっくりするくらい沢山のゴーカートができるエリアが続いていて、台北とは違う雰囲気にワクワク!海が見えても、ひたすら南下していくように走っていくので、景色も良いです。

移動は長いけれどストレスは少ない!

こんな移動で、墾丁に着いたのは、16時過ぎでしたが、チェックイン後は早速ホテルのプールで遊ぶ我が子。湿度が高いのもあるのか、夕方気温が少し下がっても風が冷たくなることはなく、プールも温水だったので、夕方のプールでも大丈夫でした。ほぼ一日かけての移動でしたが、ストレスなく、移動の旅も楽しむことが出来たかなと^^景色が変わっていくのが何より面白いし、バスでの移動時間も一見長いのですが、子供もゆっくり休めていたので、特に困った点はありませんでした。小さい子や酔いやすい子は、予め手荷物に準備をしておき、バスに乗る前に必ずトイレを済ませておきましょう!あと、バスのエアコンは結構強めで調整できない場合が多いので、もし荷物に余裕があれば、薄手のカーディガンかタオルなどがあると、風よけに良いと思います。

Posted by たびくら子