【子連れドイツの旅】ドイツ西から南へ!ミュンヘンへ!

子連れでヨーロッパ旅行が、我が家にとって最初の家族海外の旅でした。そもそも、結婚してすぐに新婚旅行に行けなかったこともあり、新婚旅行を兼ねたドイツの旅。今回は、南西ドイツと、オーストリアの小旅行を含めた旅のプランです!ドイツ豆知識を織り交ぜながらお伝えしていきます^^

インフィード

【子供とドイツの旅】ドイツ新幹線でミュンヘンへ!

ニュルンベルクからミュンヘンへ、またもやドイツ鉄道の旅!広がる平野と空を見ながらの旅です。ミュンヘン中央駅は、とても大きい駅ですが、初めてでも迷うことなく利用しやすいと感じました。また、中央駅徒歩圏内にホテルを取ったのが正解で、ちょっとの買い出しもしやすかったし、お店やデパートが揃っているので、お土産選びなども便利でした。中央駅らしいちょっと騒々しい雰囲気はありますが、南ドイツらしさ!!の溢れる人達が沢山いて(北ドイツ滞在者なので、南ドイツの雰囲気の違いをひしひしと感じました・・・)とても面白かったです。

ミュンヘンへ向かう車窓からの風景

ミュンヘンの中央駅でスタバに行く

駅構内にスタバがあります。もちろんエキナカのスタバなので、混んでいるのですが、当時、日本とは違うシステムに少し心ほっこりした記憶があります。というのも、スタバで注文すると、日本ではレシートを横目に、自分の頼んだドリンクが来るのを待つというスタイルですが、ミュンヘンのスタバではこんな会話でした。

「ご注文ありがとうございます^^」

「ありがとう」

「お名前は?」

「へ?あ、○○です」

「ありがとう!」(と言って、コップにささぁーと名前を書き)

「あとで呼ぶから少しお待ちください^^」

という具合で、ドリンクが出来たら

「○○!!おまたせ、ありがとう!」

という感じで^、、、超フレンドリー!!!

日本でこんなことすると、少し痒い感じがしそうですが(笑・今はこんな店舗もあるかもですが)、自然な感じで、ただの一言さん感を忘れられる一コマでした^^

【子供とドイツの旅】そろそろ日本食が・・・

子連れのドイツ旅も、1週間の終わりが見えてきたころ・・・。そろそろ恋しくなった日本食。だいたい海外に行っておきながら、日本食が食べたいなんて矛盾しているかもしれないけれど、私の目的は「子供の体調維持のためにも温かく馴染みのあるものを食べさせたい」こと「世界の人が食べている日本食の味が知りたい」ことの2点で、日本食を探しに行きます。ドイツでは日本食は日本より高いです。また、味付けもお店の人にもよりますが(日本人だったり、他アジア圏の人だったりするので)、アジア圏で食べる日本食とはまた一味違います。

でも、ドイツの食事とは全然違うテイストなので、やはり醤油汁物が恋しくなるんですよね・・・。

そこで、ミュンヘンに到着後、まず向かったのがマリエン広場。ミュンヘンの中央広場、また商業施設がこの広場を集まっているがゆえに、日本食レストランはないかと物色しながら歩きました。

マリエン広場のすぐ前に日本食レストランらしき、なのにとてもポップな雰囲気のお店があり、しかも結構人で賑わっていたので、迷わず入店。こちらで、うどんやらヌードルやらをいただきました。やはり少し割高ですが、久しぶりの汁物にだれも文句は言いません。美味しくいただきました^^

マリエン広場は大混雑?!ちょうどイベントが実施されていた!

ちょうどその日は、イベントでマリエン広場は盛大に盛り上がっていました。とにかく、ドイツへ来て初めての混雑!!ていうくらい混んでました。なので、これまでいつかこの目で見たいと思っていた「Rathaus Glockenspiel」もやや横目に背伸びをしてみるような具合・・・。

もう少し・・・アップで・・・でも人が沢山映ってしまったので、時計の部分だけ・・・^^;

音楽が流れていたかどうかも、分からず、ただ抱っこひもの娘ちゃんに必死に見せました・・・。今度は人がいない時にゆっくり見たい・・・。

イベントの時の出店ではやっぱりこれ!!ビールとソーセージはマストバイ!!

人混みがちょうど抜けている広場の一角にたどり着いた我が家。さっそくパパがビール売りを発見!迷わず買いに行きました。

露店が沢山出ていたのですが、もちろんソーセージも購入!大きなおばちゃんが大量にソーセージを焼いていて、とても豪快で目に入ったので買いに行きました。おばちゃん、とても豪快でした・・・。

【子供とドイツの旅】ミュンヘンに来たら!子供に民族衣装はいかが?

海外旅行で服を買うのが好きなのですが、今回ミュンヘンに来たら、絶対娘ちゃんに民族衣装を買う!と決めていた私。もちろん、ミュンヘンの中央広場から商店通りを歩いていると、ありますあります、民族衣装取り扱いのお店。ミュンヘンと言えばオクトーバーフェストですが、その際にお店の人が来ているような民族衣装です。子供用もばっちり売られていて、とてもかわいいです^^娘ちゃんにも、刺繍いりの赤い民族衣装を買って帰りました。ハロウィンが流行りだしたから、自分にも買えばよかったかな?なんて思う今日この頃です。

ミュンヘンの街は全てが大きい!

ミュンヘンは、やはり「大きい」の一言です。街の景観や建物、全ての規模感が他の街とは異なります。東西南北ドイツの街を訪れた中で、ミュンヘンはやはり濃い歴史とそれを今でも受け継いでいるエネルギーみたいなものを感じます。一方、人柄も優しく、とてもゆとりを感じます。!観光スポットも多く、近隣諸国へのアクセスもいいので、旅の拠点にもおススメ出来ます。子供と一緒に歩くと、かなりいい運動になります。街中は、アップダウンもなく、歩きやすいです^^

Posted by たびくら子