【ミシン】子供も愛用中のミシン!アックスヤマザキのミシンは使い勝手も価格帯も丁度いい?

この記事では、「キティちゃんミシン」を卒業して、アックスヤマザキのミシンへ切り替えた使い勝手についてお伝えしています!

インフィード

【ミシン】キティちゃんミシンを卒業?!やはり縫いにくい面があり・・・

我が家では、娘ちゃんがソーイング好きで、初めて使ったミシンがキティちゃんミシンです。1万円前後で売られていて、子供がミシンを触るには丁度いいサイズです。フットコントローラーで、調整がしやすく、子供が使用しやすいサイズでした。しかしながら、中々「本格的に縫う」となると、大変難しく・・・。切り替えしや返し縫い、また厚手の布や取ってを付けたりする際、また下糸の処理などなど・・ちゃんとミシンとして使うには、中々すんなりといかず、時間がかかりました。いざ、ちゃんとしたものを作ろうと思うと、思わぬところでつまづくことが多く、時間と労力を必要としました。

【ミシン】アックスヤマザキのミシンに切り替え!2690シリーズに!

娘ちゃんも高学年となり、「もっと色々なものが作りたい!縫いやすいミシンがいい!」ということもあり、我が家ではアックスヤマザキのミシンに切り替えることにしました。

ミシンもまさに「ピンキリ」ですよね。価格帯も幅広く、もちろん、価格帯によって出来る操作や利便性もかなり異なります。出来れば、娘ちゃんが大人になるまでは使えるように・・・「縫う」ことが楽しくなるように・・というので、選んだのが、「文字縫い 自動糸調子 コンピューターミシン FL-2690 」です。機能的に、「縫うことが滞りなくできること」が出来ればよかったのですが、電子ミシンのほうが、操作も分かりやすく、使いやすそうであったこと、色々な縫い方が出来るほうが、作りたいものの幅も広がるのでは?と考えました。高価すぎず、でも、様々な裁縫に活用できるくらいのもの・・という点を重視しました。

【ミシン】アックスヤマザキのミシン、使い勝手は?

「文字縫い 自動糸調子 コンピューターミシン FL-2690 」では、下糸の準備がとても楽になり、基本的な縫い方から、縫い模様が200種ほどあります。押さえを替えて、文字の刺繍までできてしまうので、名前付けも不要になるのが便利です^^生地の返し縫いや厚手の素材、またエコバックのようなツルツルした薄い生地でも、サクサク縫えるようになった!と娘ちゃんも大喜び^^また、手元にLEDライトも付けられるので、細かい作業にも役に立ちます。ミシンを使わない時のケースは付いていないけれど、カバーは付いているので、保管も問題ないです。大きさや重さも丁度いいようで、子供一人でも移動したりできるくらいのサイズ感で、娘ちゃんは自分の学習机でミシンをしています。

【ミシン】子供でも扱えるミシン!どんどん上手に・・・

ミシンを替えて、一つのモノづくりの時間がとても早くなりました^^前は糸が切れたり、上手く縫えなくて、途中で大騒ぎの事態(笑)でしたが、今はソーイングタイムに母が呼ばれることはなくなりました。むしろ、「出来たよ~」と嬉しそうに部屋から出てくるし、子供のすごいのは、その出来栄えがどんどん上達することです・・・。「もっと上達したい!」という気持ちが高まっていて、コロナ禍で、手芸を楽しむことが娘ちゃんにとっては大切な時間となっています。手芸店ではありとあらゆる素材を調達できるので、学校で使う袋や、身の回りのものを自分の好きな柄やサイズで作れるのがとても楽しい様子です^^入園入学時期に限らず、ちょっとしたものも、短時間で作ることができる今のミシンを、娘ちゃん絶賛愛用中です^^(掲載しているバックは娘ちゃん製作の一部です)

Posted by たびくら子