【ドイツでの住生活】洗濯は週末だけ?少しでもエコな洗濯を目指すことにした我が家

この記事では、ドイツでのホームステイでの住生活についてお伝えしています。また、家族世帯である我が家、「少しでもエコ」な洗濯を目指して、「まぐちゃん洗濯」を始めました^^

インフィード

【ドイツでの住生活】洗濯は週末だけ?洗濯物は基本「干さない」

ドイツでのホームステイ先は、2回とも一軒家でした。どちらも半地下室があり、そこに収納庫(keller)や、ランドリールームがあります。私自身の部屋は、最初のホームステイでは、スキップフロアの最上階、次のホームステイでは、半地下室の1部屋+シャワールームとトイレのある洗面室を使っていました。広さや用途はそれぞれですが、どちらもランドリーには必ず乾燥機がついていて、洗濯と乾燥を一気に行うのが基本的な洗濯でした。

一軒家の場合、ドイツの住宅は庭が家より広い!パターンが多いのですが、洗濯物を外に干すことはなかったです。乾燥機にかけられないものを室外に・・・でも、ほとんど見なかったです。ランドリースペースは広く、最初のホームステイ宅には、ランドリールームといった広々スペースがあったので、そこで部屋干しもしていました。

同時期に留学していた友達宅では(南ドイツ)、居室から洗濯物かごに洗濯物をおとせるような仕組みになっていたらしい・・・。地域や住宅により様々ですが、とにかく洗濯回数は日本より圧倒的に少ない!です。

【ドイツでの住生活】洗濯回数が少ない理由を推測してみた

今現在、家族四人ですが、洗濯物が毎日大量です・・・。干さない日はない!という状態です。週一回で済むならば、そうであってほしい・・・と心で願いながら、一度使ったタオルを洗わずに再度使う・・・というのはやはり少し抵抗があります。そして洗濯物を1週間分貯める勇気もスペースもありません。

ドイツでは、なぜ少ない洗濯回数でも大丈夫なのか?

ドイツで洗濯回数が少なかったのは、次の点が考えられます。

・ドイツ人のエコ力の高さ、節約に対する無意識の意識

・空気が乾燥していて汗をかきにくい環境にある

・食事がシンプルゆえに、油汚れなどが少ない

とにかく、ドイツ人のエコ力は、日本で「エコ」が言われる随分前から高かったと実感しています。洗濯も、洗剤や水を大量に使うものなので、「エコと節約」という両面を達成するために、洗濯回数はおのずと減るのは理解できます。また、ランドリースペースが充実していたり、使ったタオルも自然乾燥で乾いてしまうので、あまり気にならないという面もあります。また、週末にまとめて家の仕事をする習慣があるようだったので、洗濯もその仕事の一つ、という位置づけでした。私自身も、留学していた時は、週一回、自分で洗濯する程度でしたが、全然平気でした。正直、子供が生まれても、もとからそういう生活スタイルにしておけば家事も減ったのに・・・と思うこともあります。

【まぐちゃん】少しでもエコに?!まぐちゃんをヒントに洗濯洗剤を替えてみた

子供が生まれると、洗濯はより増えていきます。食べこぼしや汗をかくと服を着替えたり、制服や体操着など着替える習慣が多い幼稚園・学校環境なので洗濯はおのずと増えていきます。これまで色々な洗剤を使ってきましたが、何を使っても「子供のこの汚れは無理だな~・・」とあきらめることも多いです。靴下なんて、特に・・・。一方で、ちゃんと洗ったタオルなどが「なんでこんな匂うの??」と思って、そのたびに洗剤や柔軟剤選びに走っていました。でも、毎日の洗濯で洗剤の種類や量を調整したりするのが、最近本当に手間になってしまい、「ドイツでは洗濯少なかったなぁ~・・・」とふと回想。

そこで、たまたま読んだ本に「まぐちゃん」が紹介されていました。収納整理アドバイザーの方が書いている著書でしたが、その時、知り合いのママさんが「まぐちゃんを洗濯に使って楽になった」と話をしていたのを思い出しました。

まぐちゃんは、宮本製作所さんが出している「マグネシウム」の入った洗濯補助製品です。補助製品と言っても、使う量によって、洗剤や柔軟剤は不要です。ウールなどのおしゃれ着は使用できないようですが、通常洗濯洗剤を使用する洗濯に使えるとのことでした。

「洗剤なしで大丈夫だろうか?」という不安もありましたが、「洗濯洗剤」も実際どれほどの効果があるのかというのはその時の洗濯によりまちまち・・・。まぐちゃんについては、様々なブログやYOUTUBEなどで検証されているので、試しにやってみることになりました^^

【洗濯まぐちゃん】我が家は結局自作にした「マイまぐ洗濯」

まぐちゃんシリーズは、マグネシウムの量によって様々なラインナップがあります。が、やはり価格帯もやや高価です。洗濯回数を基準に洗剤とまぐちゃんを比べてみると、我が家の場合は洗剤コスト的には同じくらいかなと。そこで、マグネシウムとネットそれぞれを購入する「自作マイまぐ洗濯」を試してみることに。これなら、低価格帯で試せるので、もしイマイチでも止めやすいかなと。我が家が導入したのは、コチラです。

一番少量サイズでした

アマゾンで購入しました。我が家が購入したのは、一番量の少ないサイズですが、大容量もあります。

専用ネットは付いていないので、ダイソーで「マスク洗濯用」のネットで代用しました。まぐちゃんの場合はネットにマグネシウムが入っていて、中身が出ないように縫製されているようです。確かに、洗濯途中にパチンコ玉サイズのマグネシウムがネットから出てきたらかなり面倒なことになりそう・・・。マスク洗濯用のネットは2重縫製だったので、普通の洗濯ネットよりは丈夫かな?我が家では200g入れていますが、サイズ的には大丈夫そうです。

【マイまぐ洗濯】使ってみて?実際はどう?少しでもエコを目指して

とにかく「楽」!!洗剤をいちいち軽量しなくて良いのが便利です。(現在新しい洗濯機には勝手に計量してくれる洗濯機もありますが)最初から思い切って洗剤・柔軟剤・漂白剤、やめました。使い方は、まぐちゃんの使用法と同じように使っています。「洗濯物を入れすぎないように」という点に少し悩みましたが、洗いの時間が通常より15分以上とながくなるので、7キロタイプの洗濯機で「0.7」量くらいで回しています。今のところ、通常の洗濯と変わりなく、靴下の汚れの落ち具合も、通常の洗剤を使っていたレベルと同等です。匂いもなく、洗濯物の柔らかさもほぼ変わっていないという実感があります。

洗濯回数をもっと減らすのが理想ではりますが、まだまだ動き盛りの子供達はいるし、日本の気候環境では洗濯を減らすのは中々難しい我が家。なので、洗剤を替えることで、少しでもエコ寄りになれば・・・と思うこの頃です^^

まぐちゃん公式HP:https://magchan.com/

Posted by たびくら子