【家を買う】家族で住むなら一軒家?マンション?土地なし&地元アウェイな我が家が見つけた両方の良いところ

この記事では、「土地なし!地元でもないアウェイなエリアに家を持つ」ことをテーマに、「一軒家がいいのか?マンションがいいのか?」についてお伝えしています。10年貸家に住み、マンションを購入した我が家。マンションと一軒家の「リアルな違い」を実体験より記録してみます!!

インフィード

【賃貸暮らし】我が家が10年貸家に住み続けたのは

まず、我が家は、今の土地が地元でもなく、地元アウェイな住民です。都心や便利なエリアに近く、かつ閑静な地域って、地元の人がこよなく住み続けるイメージですが、まさに今のエリアもそんな感じです。新しいマンションが出来ても、一軒家を買う、または親の土地を再利用して注文住宅を建てる割合が高いです。

我が家の場合、10年前に縁あって、今のエリアに賃貸の平屋一軒家に住み、子供が2人生まれ、環境や立地に恵まれて過ごしていました。また、震災などの災害を目のあたりにした時代でもあり、住宅購入より、今の暮らし心地を選んだと言えます。

途中、マンション購入、建売購入・・・など悩みながら、やっと踏ん切りがついたのが10年経った後だったわけで、計画性あって住宅を購入したというより、自分達のタイミングが今であった・・・と言えます。

10年前に家を買っていれば、その分ローン返済も進んでいただろうし、住宅購入予算ももっと余裕があっただろうに・・・と考えることもありますが、それは結局ナンセンス。貸家で過ごした10年間はお金には変えられない、とても暮らしやすい環境だったのです。

結果的に、一軒家ではなくマンションにしたのも、貸家10年の暮らしを超える一軒家を見つけられなかったこと、将来的なプランでは、マンションのほうが自分達にはフィットしていたことが当てはまります。

家を購入する時は、誰にでもある程度理由とタイミングがあると思います。住み心地を向上させたいから家を買うのは当然であり、「今よりいい暮らし」が見えなければ、大金は払えないわけです。「若いうちにローンを・・・」と言われたことも多々ありました。実際は、ローンの付帯保険も充実しているわけだし、焦らず、納得して買うことなんだと思います。それが我が家には10年かかっただけなのです^^

【一軒家の良さ】一軒家の良さとは?家族で過ごした10年から考える

一軒家の良さ、マンションの良さって、基本的に異なると考えています。最後はどちらが好みか、どちらが自分達のスタイルなのかで決まるものです。夫婦二人だけなら、ほんと気楽です(笑)。子供がいることで、何が違うのかについて、ここでは考えてみます。

家族で過ごす一軒家の良さは、

・収納・物置に困らない

・音に困らない

・自分達の生活空間を楽しめる

この3つです。居心地のよさや日照については、物件にもよるので割愛。

この3つ、今思えば、子供が小さい時期には「とても大事」な恩恵でした(笑)。

子供が小さい間は、色々と手がかかるし、物がどんどん増えていきます。また成長過程で、自由に動き回るスペースが家の中で必要だったり、とにかく自宅中心に活動する時間が長い。そういう点では、圧倒的に一軒家が気楽です。また、外に自由なスペース(庭のように)があると、三輪車や自転車だけでなく、外遊びの遊具や虫取り、アウトドア用品などが増えていっても、十分保管できます。ちょっとした水遊びも可能です。

自分達の「独立したスペース」って、本当にありがたいし、好きなように使えるのはとても魅力です。ご近所さんとも顔が分かって、地域に溶け込んで生活できるのは、地元アウェイな我が家にとっても、とても居心地が良い生活でした。車の出し入れも楽だし、ちょっと外に行きたい時に、目の届くところで子供が自由に遊べるというのは一軒家にしかできないことです。男子や兄弟が多い場合も、家の中が騒々しくてもよほどのことでなければ、隣近所には影響がないので母の感情としても、無駄に子供に注意しなくていい分、気も楽でいられます。

とにかく小学校にあがるまでは、この3つの良さがとても大切だったかなと。我が家の場合は、貸家だったので、インテリアの面や設備の面では、変化させることができないという縛りはありましたが、それがない場合なら、もっと自由に、自分達の居住空間を作ったりできますよね^^

【マンションの良さ】子供がいても?マンションの良さはある!

マンションに住む良さは、

・プライバシー、安全性の向上

・メンテナンスが楽になる

・利便性

の3つです。まず、プライバシーの面で考えると、我が家は平屋住まいだったので、全然違う!!と感じています・・・。バルコニーを活用でき、マンションながらプライベートな空間があるなぁと実感しています。また、マンション管理のセキュリティー面がしっかりしているので、長期家を空けたり、パパさんが不在になったときの安心感も違います。管理人さんの存在も、子供がいる我が家にとっては有難い存在です。

メンテナンスの面は、掃除の手間がかなり省ける。窓のない中住戸をあえて選んだのも、掃除が楽だから。気密性が高く、光熱費のコストも抑えられるのが魅力です。もちろん、外の掃除は不要ですし・・・。ゴミ捨ても楽になりました!いつでも捨てられる場合であれば、家にゴミを貯めずに済むので、ゴミストレスはありません。また、旅行や帰省の際も、家にゴミを残さなくていいという利便性は思っていたより高いです^^

利便性はやはり立地でしょうか。選択するマンションにも異なりますが、我が家の場合は学区を変えないことが条件だったので、立地が良くなるしかなかったのはあります。駅からの道も近くなり、スーパーなどで道や人通りが明るいことも、今後子供が成長していくうえで安全面では安心材料になります。

生活の「音」に関しては、マンションによると思うので、一概には言えません。が、子供がいるといないのでは随分違うなと・・・。我が家の場合は、二重床・二重天井、また壁厚もあるので、声や生活音などの「音」に関しては全く気にする必要がないと実感しています。が、逆に、振動は伝わりやすいようで、普通に生活している分には問題ないのですが、子供の走る音やましてやジャンプなど、どすどすな音は響きやすいなと感じています。我が家は男女で、もう家で走り回って騒ぐことは(声はやかちゃん並みですが・・・)ないので、マンションでも何とか大丈夫そうかな?というところです。

それぞれの良い点・悪い点はもちろんありますが、自分達の生活にどちらがフィットするかを考えると少し答えが見えてくる気がします^^

Posted by たびくら子